2013年02月08日

不妊の原因

不妊の原因は実にさまざまです。
男性側に原因がある場合もありますし、女性側に原因がある場合もあります。

だいたいの比率を出してみるなら、不妊に悩んでいるカップルが100組いれば、40組強は女性側に原因があり、40組弱が男性側の原因によるもの。

あとの残りの20組は、カップル両方に原因があるか、原因のわからないものといったところでしょうか。

きっと、この比率に驚かれた方も多いのではないでしょうか。

そう、不妊の原因は、男性因子と女性因子がほぼ半々なのです。

子供ができない原因のすべてが女性に押しっけられていた時代は、もうとっくに過去のものとなっています。

そして、だからこそ、もし不妊かどうかをチェックするのであれば、男性も女性もどちらも検査を受けることが大切なわけです。

ただし、男性の検査が通常たった1回の精液検査で済むのに対し、女性の側は、「子宮の状態」「卵巣の機能」「卵管が通っているかどうか」とたき
いったように、非常に多岐にわたる検査を受けなくてはなりません。

なんだかちょっと不公平ですね。

ただ、これは不妊の背景となっている「女性ならではの病気」がそれだけ多いということでもあるのです。



posted by ai at 23:24| Comment(0) | 不妊 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。